お役立ち 投資

SBI証券の手数料が変更!アクティブプランが超オススメ(プラン変更方法も解説)

SBI証券手数料

SBI証券の手数料が変更されました。

従来「スタンダードプラン」で利用されていた方も多いことかと思いますが、

「アクティブプラン」が大変お得になりましたので変更方法をまとめました。

自分でプラン変更しないといけないので忘れずに行うようにして下さい。

  • SBI証券の「アクティブプラン」が大変お得
  • プラン変更方法を紹介
ちなみに、こちらの記事を見ることでプラン変更に要する時間が3分は節約できるかと思います。
※本文中の画像は全てSBI証券公式ページ参照

この記事のおすすめ

SBI証券ユーザー

SBI証券の手数料

SBI証券の手数料が変わったという噂を聞いたのですが、詳しく説明して下さい!

ポイント

・アクティブプラン→50万円/日の取引まで手数料無料

・現物取引・制度信用取引・一般信用取引の代金を別々に計算→最大150万円まで手数料無料

国内株式(現物・信用)手数料の変更

それでは実際、従来に比べてどのように手数料が変わったのでしょうか。

アクティブプランの新手数料を見てみましょう。

SBI証券手数料

従来無料で取引できたのが、10万円/日まででしたが、こちらが50万円/日まで範囲拡大しているのが分かるかと思います!

では、「スタンダードプラン」と「「アクティブプラン」の手数料を比べてみましょう。

SBI証券手数料

SBI証券手数料

こちらで比べてみると、アクティブプランの方が割安感ありますよね!

ただし、高額な取引をよくされる方はスタンダードプランの方が安くつく可能性がありますので、ご注意下さい。

 現物取引・制度信用取引・一般信用取引の代金を別々に計算→最大150万円まで手数料無料

現物と信用取引制度を上手く使えば、毎日150万円まで取引が無料となります。

その文面がこちらになります。

SBI証券手数料

一番したの※に、

「現物50万円ぷらす制度信用50万円+一般信用50万円=合計150万円まで手数料0円」と明記されています!

私のようなビギナー投資家にとっては、十分すぎるぐらいですよね。

SBI証券プラン変更方法

それでは、SBI証券のプラン変更方法について説明していきます。

①PCよりSBI証券にログインする。

②「口座管理」をクリック

SBI証券手数料

③「口座管理」→「お客さま情報設定・変更」を選択。

SBI証券手数料

④「お取引関連・口座情報」を選択

SBI証券手数料

⑤「国内株式手数料プラン」より変更可能

SBI証券

翌日から反映されます。

まとめ

  • アクティブプラン→50万円/日の取引まで手数料無料
  • 現物取引・制度信用取引・一般信用取引の代金を別々に計算→最大150万円まで手数料無料

株式の売買を繰り返していると、案外手数料ってかかりますよね。

今回の記事を参考に、是非「アクティブプラン」に申し込んでみて下さい。

-お役立ち, 投資

Copyright© やーまの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.