機械(1次試験) 電験 電験1種

【電験1種過去問(2020年度)】一次試験機械問4

 

【電験1種一次試験(2020年度)】機械 問4

 

分野

平均照度、照明率

 

問題

問4 次の文章は,円形テーブルの平均照度と照明率の算出の手順を示した記述である。文中の     に当てはまる最も適切なものを解答群の中から選べ。

 

照明の省エネルギーを図るために、光源から放射された光を有効に利用すること、すなわち照明率を高めることも重要な要件の一つである。

 

今、すべての方向にI= 80 cd の光度を有する点光源があり、直径 1.2 m の円形 テープルの中心直上,高さ80 cm の位置に設置してある。

 

テーブルの平均照度と照明率を以下の手順で求める。

ただし、平面角を回転してできる錐体の立体角$\omega$は、$\omega$=2$\pi$(1-$\cos\theta$)により求まる。

 

この点光源の全光束$\Phi_\theta$は,、すべての方向の光度が I = 80 cd であるので、 (1)  Im である。

 

 解答:(1)1005

 

また、この点光源からテーブル面に入射する光束$\Phi_t$は、点光源からテーブル面を見込む立体角$\omega_t$が (2) であるので、 (3)  lm となる。

 

 解答: (2)0.4$\pi$ (3)101

 

これよりテーブルの平均照度Eは (4)   lx となる。

 

 解答:(4)89

 

この点光源の円形テーブルに対する照明率Uは、 (5) となる。

 

 解答:(5)0.1

 

出典:電気技術者試験センター



-機械(1次試験), 電験, 電験1種

Copyright© やーまの日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.